TOP > 投稿者の特定

  法律相談のご予約

 

TEL

 096-327-8389

 

MAIL

 

 

法律相談料30分5400円

平日夜間(~21時頃)相談可

土日相談もできる限り対応いたします。

 

メールは24時間予約受付>

投稿者の特定

投稿者を特定するには、次のような一連の裁判手続を行うのが基本となります。

 

書込みがなされた掲示板などに対して情報開示請求(場合によっては仮処分の申立て)

 

 

 

投稿者が投稿に使ったプロバイダが判明

 

 

 

プロバイダに対して消去禁止の②仮処分申立て(主に東京地裁)

※情報が消されてしまうと、③の訴訟を起こす意味がなくなってしまうので、まずは消されないように仮処分を申し立てます。

 

 

 

消去禁止の決定(または和解)

 

 

 

プロバイダに対して③情報開示請求訴訟(主に東京地裁)

※この訴訟に勝訴すると、投稿者が判明します。

 

 

 

投稿者に対して④損害賠償請求を行う。

 

 

それぞれの手続きは、記載されたのが2ちゃんねるなのか、爆サイなのか、Facebookなのか、Twitterなのか、それ以外のサイトなのか、サイトごとに方法が異なるので、適切な手段をとる必要があります。

①については、任意に開示を受けられる可能性もありますので、ご自分でもできる場合があります。

ただ、②以降の手続きは、かなり専門的になりますので、弁護士に依頼すべきでしょう。

Copyright © 2015 Arrows Law Office All Rights Reserved.

ソーシャルメディア:

  • w-facebook